初心者も安心。女性が悦ぶ気持ち良い潮吹きのやり方

こんにちは。魔女っ子マコです。

AVではすっかりポピュラーなプレイになった潮吹きですが、あなたは女性を潮吹きさせたことはありますか?

 

「はい!彼女が気持ちよくて潮吹いたよ~と言ってくれたことがあります!」

「う~ん。おしっこなのか、潮なのかよくわかりませんでした」

 

潮吹きプレイは、「並大抵のテクニックではできない」、なんて思う人は少なくないのではないでしょうか。

確かに潮吹きは、女性の性感帯を知り尽くしたうえで、その女性好みの愛撫をしないと実現することはむずかしいかもしれません。

とはいえ、潮吹きに興味があったり、潮吹きさせてくれる男性と会ってみたい!と思う女性は少なくないので、あなたがそんな存在になれるといいですよね。今回は、潮吹きの基礎知識や潮吹きさせる方法についてご紹介します。

 

潮吹きとは?どんな体感なのか?

潮吹きとは、セックスやオナニーで女性がオーガズムに達する際に、尿道から液体を分泌されることです。

潮吹きを英語で直訳すると、「女性の射精」という意味になります。一般的には、女性がオーガズムに達する際に液体を分泌するのですが、別にオーガズムに達する前でなくても潮吹きすることもあるそうです。

セックスで女性に潮吹きさせるには、男性側にかなりのテクニックがある、または女性の性感帯を知り尽くしているなどの強みは必要でしょう。一方、潮吹きは女性がオナニーする際にすることもあるので、セックスで潮吹きできる体になるためにも、まずは女性にオナニーも仕込むのも有効ではないでしょうか。

ちなみに、潮吹きを体感した女性によると、潮吹きしたときの感覚については「我慢していたおしっこを一気に出せたような快感」、「気持ちいいと思ったときには何か出ていた」なんて表現する人もいました。

 

潮吹きのメカニズム

前述の通り、潮吹きとは、女性がセックスやオナニーでオーガズムに達した際に液体を分泌する現象のことです。

潮吹きで出た液体は、スキーン腺液というもので、Gスポットを刺激したときに出る分泌液のこと。そのため、おしっことはまた違うものだと認識されています。

 

潮吹きの成分って?

潮吹きするときに出るスキーン腺液…。これが分泌される場所であるスキーン腺は、男性の前立腺にあたる器官です。

ちなみに潮の成分については、アミノ酸の一種である成分の濃度が高い、ブドウ糖の濃度や前立腺酸フォスファターゼなどの値か高い、なんて意見もあります。液体の色は、乳白色だったり黄色味がかかっていたり、無色透明であるケースも少なくないようです。

また、潮吹きのときに出る液体が血液の成分に近いことから、「じつは血液ではないか?」という見方もあるそうです。そのため、女性の潮の中からは男性の精液に含まれる成分と似た分泌液が発見されている、との報告もあるそうです。

 

潮を吹く量はどのくらい?

AVを見ていると、女優さんたちが大量に潮を吹いているシーンをご覧になることもありますよね。しかし、あれは一種の演出でもあるので、その量を基準に考えるのはおすすめできません。

実際、潮の量については個人差があるといわれていて、潮の量が多い女性もいれば少ない女性もいるそうです。

 

潮吹きと尿失禁の違いは?

前述の通り、潮吹きしたときの感覚については、「いっきに放尿したような感覚」と表現する人もいるので、実際は尿が出ただけなのか、潮吹きなのかがわからない人も少なくないでしょう。

女性の中には、愛撫に感じて大量のおしっこを漏らす女性もいるくらいなので、潮吹きと放尿を判断するのが難しいケースもあります。

潮吹きと尿との大きな違いは、実は「匂い」といわれています。一般的に、潮はほぼ無臭ともいわれますが、尿はご存じのように臭いがありますよね。

それに関しては酸っぱい匂い、アンモニア臭とも表現できるかもしれません。そのため、出てきた分泌液に臭いがあった場合は、それは潮ではないと判断してもよいかもしれません。

 

潮吹きしやすい女性はいるの?

潮吹きについては、潮吹きしやすい女性もいれば、潮吹きしづらい女性だっています。

セックスやオナニーで快感を得れば、必ずしも潮を吹くというわけではないので、すべての女性がオーガズムに達したからといって潮吹きするわけではありません。

しかし、潮吹きはGスポットへの刺激から起こることもあり、潮吹きしやすい女性は、Gスポットの刺激やGスポットを刺激されたことで快楽を得ることに慣れているという傾向があります。

逆にGスポットへの刺激に慣れていなかったり、そこで得られる快感を知らなかったりする女性は、Gスポットを刺激されることに抵抗感があったり、尿意の感覚を抱くことに嫌悪感を抱いたりするかもしれません。すると、本能で快感を抑制してしまい、潮吹きできなくなる、ということにつながります。

 

潮吹きさせるためポイント

潮吹きの基礎知識もついたところで、今から潮吹きさせるためのポイントをご紹介します。

   Gスポットを開発する

もともと潮吹きは、Gスポットを刺激することで起こるケースが少なくありません。そのため、Gスポットの開発は必須といえるでしょう。ちなみに性感帯には開発順序などもあるので、以下の記事を参考に、Gスポットの開発に挑戦してみましょう。

▼参考:<女体開発>には順序あり!?痛みを最小限にして最高の奥イキであるポルチオ愛撫でイカせる6ステップ<女体開発>には順序あり!?痛みを最小限にして最高の奥イキであるポルチオ愛撫でイカせる6ステップ 

 

指で開発するのが難しい場合は、ときにはローターやバイブなどのおもちゃに頼るのも一つの方法です。

 

   潮吹きへの抵抗感を払拭してあげる

前述の通り、潮吹きしやすい女性は、Gスポットへの刺激に慣れていて、潮吹きへの抵抗感がない、という特徴があります。

つまりは、女性のメンタル面が潮吹きできるか否かに影響することもあるので、まずは潮吹きへの羞恥心を取り払ってあげることがポイントです。

 

   女性をリラックスさせた状態で愛撫する

女性は緊張した状態にあると、セックスで潮吹きどころか、快感さえ抱かないでしょう。その日の体調や気分によって快感に差が生じることもあるので、女性が緊張気味のときは、会話やマッサージなどをしてリラックスさせてあげましょう。愛のこもったコミュニケーションにより、脳内から幸せホルモンが分泌して、徐々に感じやすい体になっていきます。

 

   的確にGスポット愛撫をする

潮吹きをさせるためには、Gスポットの的確な位置を把握することが大切です。

一般的にGスポットは、膣口から指を4、5㎝ほど入れた膣上壁側に存在します。

しかし、女性によってはもっと浅い場所にあったり、遠い場所にあったりとさまざま。

Gスポットを刺激するときは、指を雑に動かして刺激しても女性はオーガズムに達することはできません。

まずは人差し指や中指の腹でやさしくGスポット周辺を刺激し、女性の反応のいちばんよい場所を見つけましょう。いちばん反応が良い場所がGスポットなので、そこを指の腹で撫でたり圧を加えるなどして、女性好みの愛撫や力加減などを探りましょう。

 

まとめ

以上が「初心者も安心。女性が悦ぶ気持ち良い潮吹きのやり方」でした。大事なことは、潮吹きはすべての女性がするわけではないことを理解することです。

いくら丁寧にGスポットを開発して、女性がオーガズムに達したとしても、女性によっては潮吹きしないこともあります。なので、潮吹きだけに執着するのではなく、あくまでも女性が深く感じる愛撫を目指しましょう。

監督 馨/品番  STARS-168/時間 160分

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

監督 キョウセイ/品番  MSFH-049/時間 135分

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

 

Posted by aki