女性が中イキできない理由って?女性を中イキさせるための5つの方法

こんにちは。魔女っ子マコです。

女性の中には、オナニーでもSEXでも「クリトリスではイケるのに中ではイケない…」なんて人たちが多いことをご存じですか?

クリトリスを刺激してオーガズムを得る(クリイキ)は、女性にとっては至福の瞬間です。でも、さらに一歩踏み込んだ強い快感である中イキもぜひ体験してもらいたいもの。

今回は、あなたのパートナーが中イキできない理由や、中イキするための方法について解説します。

女性の「イク」の種類。中イキ・外イキ・奥イキの特徴とは?

女性が「イク」と一言にいっても、愛撫を受けた場所や方法によってその表現は異なります。外イキ、中イキ、奥イキなんて言葉がありますが、それぞれの意味や快感についてご説明しましょう。

 中イキとは?

中イキとは、膣内にあるGスポット・ポルチオなどの性感帯を刺激して女性がオーガズムに達することです。中イキしたときの快感を言葉に例えるならば、下半身の奥から快感がどっと湧きあがり、全身に広がっていくような快感とのこと。外イキよりも高揚感が高く、イクときの難易度も高いといわれています。

外イキとは?

外イキとは、膣の内部でなく、外からの愛撫により女性がオーガズムに達することです。一般的にはクリトリス愛撫により外イキする女性が多いといわれています。じつは外イキは、中イキよりもイクための難易度が低いとのことなので、セックス経験が少ない女性や一度もイッた経験がない女性は、まずはオナニーを習慣化させるなどして、クリイキすることからはじめてみましょう。

ちなみに、外イキで得られる感覚とは、クリトリス周辺に強い快感が短時間で押し寄せてくる感じ、ともいわれています。

 

奥イキとは?

奥イキとは、Gスポットではなく、より奥にあるポルチオという性感帯を刺激してオーガズムに達することです。ちなみに、ポルチオは子宮口の周辺にあり、とても敏感な器官といわれています。初心者が下手に強く刺激してしまうと、女性に強い痛みを与えてしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

ちなみに、奥イキを経験している女性は、すでに外イキ・中イキの両方を経験している女性が多く、体が開発されている状態ともいえるでしょう。

奥イキを経験した女性によると、奥イキで得られるオーガズムは、外イキ・中イキとは比べられないほど強いものだそう。

それはまるで、足のつま先から頭のてっぺんまで突き抜けるような快感が何度も起こるとのこと…。このように連続して起こるオーガズムにより、長く快感を楽しむことができるでしょう。 

中イキできない女性は多いの?

前述の通り中イキとは、膣内のGスポット・ポルチオなどの性感帯を刺激することでオーガズムに達することです。クリイキよりもやや難易度が高いといわれる中イキですが、実際のところ、中イキを経験している女性は全体の半数にも満たない、なんてデータもあります。

▶︎引用:ラブコスメ公式ページ「中イキは開発済みなの!?アンケートデータ」より

 

上記サイトでは、「約7割の女性が中イキを経験していない」、との結果が出ていますが、中でも「オナニーではイケるのに、実際のセックスではいけない」、という女性の声も多いのが特徴です。

女性が中イキできない理由と対処法

では、なぜ中イキできない女性が多いのか…?その理由と対処法についてご説明しましょう。

① 性感帯が未開発である

セックス経験が少ない女性や性感帯が開発されていない女性は、セックスによる快感を得ることが容易ではないため、中イキしづらい傾向にあります。

中イキさせるには、Gスポットやポルチオなどを刺激する方法がありますが、まずは膣の手前に存在するGスポットを刺激して中イキを覚えることが有効です。

Gスポットを開発するためには、まずはクリトリスを開発して、イキやすい体をつくることがカギとなります。

そのためには、女性にオナニーを習慣化してもらったり、クリイキすることに慣れてもらうなどして、実際のセックスでイクことへの抵抗感をなくすことがポイントです。

 

② 前戯が少ない

どんなに体が開発されていて、中イキを経験している女性でも、キスや全身愛撫などの前戯が少ないとセックスで快感を得ることができないので、当然、中イキするのもむずかしくなります。

一般的に女性の快感は男性と比べて直線的にいっきに上昇するのではなく、やかんのお湯のようにゆるやかに上がっていきます。

まったく興奮していない状態で性感帯を攻められても、快感どころか痛みさえ感じさせてしまうので要注意。

女性にGスポットで感じてもらってイッてもらうためには、たっぷりとキスや前戯をしてイキやすい体にすることが必要不可欠です。挿入だけに固執するのではなく、やさしい愛撫やキス、愛の言葉などでたっぷりと女性を感じさせましょう。

③ アソコが十分に濡れていない

女性の性感帯はとても繊細でデリケート。そのため、乾いた状態で性器を刺激されると、痛みを与えてしまい、セックス恐怖症にさせることもあります。Gスポットなどの性感帯を刺激するときは、ローションや唾液でしっかりとアソコを潤わせることがポイント。

時間をかけてキスや愛撫などを丁寧に行うと、女性はリラックスして感じやすくなるので、アソコも濡れやすくなります。

とはいえ、膣は一度濡れても乾きやすいという特徴があるので、膣が濡れたからといって、すぐに指を突っ込むのはよくありません。濡れ具合を確認しながら愛撫していき、もしも膣内が乾いたときは、すぐに唾液やローションで濡らすなどしてください。

④ 膣括約筋を刺激していない

女性の膣の左右には、膣括約筋が存在します。ここは、膣内の性感帯の感度をアップさせるための秘密の性感帯ともいわれいます。

手のひらを上にした状態で、中指を2~3センチほど挿入すると、その左右に膣括約筋が存在します。女性によってはその場所が異なることもあるので、まずは指の腹でやさしく刺激し、どこがいちばん感じるのかを確かめながら愛撫しましょう。

 

膣括約筋を刺激するときは、指の腹でやさしく圧をかけて刺激するのがポイント。慣れてきたら1秒ごとにリズミカルに押したり、5秒間かけてじっくり圧を加えるなど、さまざまな愛撫を試してみましょう。

この膣括約筋をたっぷり愛撫した後にGスポットを刺激すると、その時の快感は倍以上にもなるとの(女性の)意見もあります。そのため、膣括約筋は女性を中イキさせるための大事な隠れ性感帯ともいえるでしょう。

⑤ Gスポットを的確に愛撫していない

一般的にGスポットは、膣口から指を4、5㎝ほど入れた膣上壁(恥骨の裏側)にあるといわれています。

とはいえ、その位置は女性により個人差があるので、ただ、ガシガシと指の腹でGスポット周辺を刺激しただけでは、女性はちっとも感じません。

Gスポットの位置を正しく把握するためには、まずは指の腹でやさしくGスポット周辺を「撫でる・押す・指で刺激する」などしてみて、女性好みの愛撫を探りましょう。女性好みの愛撫がわかったら、それを続けることでアソコの性感はどんどんアップし、女性は中イキしやすくなります。

まとめ

以上が「女性が中イキできない理由って?女性を中イキさせるための5つの方法」でした。女性を中イキさせたいという理由で、むやみに性感帯を刺激するのはよくないことがご理解いただけたと思います。あなたの彼女・奥さんに中イキの悦びを味わってもらうためにも、性感帯の位置や愛撫法などを確認してみることをおすすめします。

 

Posted by aki